キャッシング大手のプロミスは、20歳以上69歳以下で安定した収入のある方でしたら、学生や主婦の方でも、パートやアルバイトの方でも融資を行っています。雇用形態に関わらず、設定年齢をクリアしていて働いていいる方であればキャッシングできる訳です。

 

当たり前ですが、いくらこの条件をクリアしていても、信用情報に問題があったりする場合には審査を通過できません。あくまでも、条件をクリアしていて審査を通過できる方と言うことになります。プロミスのキャッシングには審査があり、審査の過程で在籍確認が必ず行われます。

 

この在籍確認に関しては、正社員の方だけでなく、パートやアルバイトの方に関しても勿論行われます。週に数日だけ働いているあパートの方であっても、正社員よりも働いているようなアルバイトの方であっても、仕事をしている会社に在籍確認の電話が行くと言うことになります。

 

派遣社員の方の場合、登録している派遣会社と、派遣先の会社が違う場合でもどちらかの会社に電話がかかってきます。例えばバイト先に電話がかかってくるのは嫌だなと思われる方がいるかもしれません。普段自分宛に電話のかかってこないような職種で働いている方にしてみれば、キャッシングをしていることがバイト先に分かってしまうのではないかと心配してしまうかもしれません。

 

ですが、在籍確認の電話は必ずかかってきます。プロミスとして電話をかけることはないので、電話によってキャッシングをしていることを知られることは決してありませんが、先手必勝でバイト先などに、自分宛に電話がかかってくるかもしれませんと伝えておくのが良い手かもしれません。キャッシングはできるだけスムーズにしたいものですよね。